読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HipChatを全社導入した話

以前自分の関連するチームで使っているHipChatに関するエントリを書いたのですが、その後HipChatを全社で導入することになった&先日アトラシアンユーザーグループでHipChatプロダクトマネージャー(Roseさん)に会ってきたので、さらにエントリを書いてみます。
f:id:marqs:20130217190344p:plain

全社導入してわかったHipChatの良いところ

  • ちょっとした議論や情報共有が活発になった
    • 固定ルームで、ちょっとした話を共有する場ができるようになったのが大きい
  • 期間限定プロジェクトにルームが作れて便利
    • 例えば、社内ネットワーク入替えプロジェクトのルームをつくって総務/技術メンバーでやり取りしたりしました。メールで共有/相談するのダルい、でもタスク管理ツール入れるほどでもない、みたいなのをやりとりするのによいですね。
  • デスクトップアプリはやっぱり良い
    • ここは趣味が別れるところなのですが、デスクトップアプリはブラウザと独立するので使いやすいですね。逆にデスクトップアプリが必要なかったら、ChatWorkを選んでいたかもしれません。全社導入した頃はChatWorkにAPIがなかったので、ChatWorkを選んでなかった可能性も大ですが。ちなみに、今はChatWorkもAPIがあるようです。
    • 「Windows(Adobe Air)版がしょぼいよ〜」とRoseさんに言ったら、「ネイティブWindows版もつくってるよ〜」言われたので、もうすぐリリースされるようです。

全社導入してわかったHipChatの微妙なところ

  • 通知周りが貧弱
    • 多くのルームに入る人(マネージャーとか)は通知が来まくって管理が大変だったりします。通知の未読管理等があるとよいかもですね。Chat Workは通知管理があるっぽいので、その辺りは大変魅力的です。通知に関しては、10人くらいで使ってるうちは問題にならなかったんですが、50人くらいになると厳しいですね。
    • RoseさんがHipChatを1000人規模の会社で使ってる事例があるって言ってたけど、無理な気がする(笑)
    • 特定のルームではメンションを無視するとか、@以外の単語でメンションするとか、細かい設定ができるとかなりうれしい感じですが、現状どれもできないです。
    • 「タブを大量に開くと、どのタブが光ってるのかワカラナイので、メンション追えない!なんとかならないの?」とか、社内でよくリクエストされます。
  • (今のところ)UI部分の日本語化の予定がない。
    • エンジニアだけの会社だと問題ないと思いますが、それ以外の人も使うとなると、英語だけだと多少導入障壁があると思います。
    • ミツバチワークスでは、導入マニュアルをちょろっと書いて対処しました。
  • APIの背景色が少ない
    • せめて10色くらいに増えないかなあ。

ミツバチワークスでの使い方

ルームは以下のような感じで作ってます。

  • 各事業部
  • 各プロジェクト
  • 各プロジェクトのオペレーション(アラートなど)
  • エンジニア/デザイナー
  • 全社員
  • 雑談系
    • 恵比寿ランチ
    • こんな本/映画見た

また、プロフィールには基本的にその人の顔がわかる写真を設定することが義務付けられています。それ以外は、事業部やプロジェクトの大きさ次第で、サブルームみたいなものがある、といったような使い方です。また、ルーム作成権限は今のところ自由な感じです。

最後に

数十人くらいで規模で使うチャットツールは、今のところHipChatかChatWorkかなぁ、と思います。それ以上だと、適切な運用方法(ルーム入室数に上限を設けるとか)を考えないと厳しそうです。もちろんグループ機能等が開発されて、HipChatやChatWorkを数十人以上で使っても快適になるかもしれませんけれど。あと、当然ですがチャットツール導入したらなんでも解決するわけではないので、導入後の運用フォローはとても大切ですね。
そんなわけで、HipChatマジ便利!(デスクトップアプリが要らないなら、ChatWorkもすごく良さそう!)

アトラシアンユーザーグループで発表した資料

EDM初心者にオススメするDJ Mix 5選 on SoundCloud

Avicii "PROMO MIX 2013"

最近発表されたAvicii大先生のPromo Mix。まだ発表されていない曲も含め、いろんな曲が入っています。Aviciiの音を知る上では、とてもよいMixだと思います。そして今日紹介するMixの中でも一番のオススメです。
f:id:marqs:20130514095400p:plain:w300

True

True

Hardwell ”I AM HARDWELL WORLD TOUR KICK OFF - APRIL 27 AMSTERDAM"

Hardwellがアムステルダムで行ったI AM HARDWELL ツアーのキックオフライブでのDJ Mixです。しょっぱなからArmin van Buurenの泣きメロで始まり、Daft Punk, Zedd, Dyroなどなど捨て曲なしで全編怒涛の展開。さすがDJ Magazineで6位になっているだけあります。めちゃくちゃ格好良いですね〜。

Revealed Volume4

Revealed Volume4

Madeon "Live Triple J Mix"

MadeonがオーストラリアのTriple Jというラジオ局で行った30分程度のDJ Mixです。Madeonの楽曲はもちろん入っていますが、それ以外もMadeon独特のセレクトとなっていて他EDMアーティストのMixとは一線を画しています。Russ Chimesなどは特にMadeonらしいセレクト。

The City

The City

  • Madeon
  • Dance
  • ¥200

Nicky Romero "2012 Year Mix"

Nicky RomeroのProtocol Radio(Nicky Romeroのレーベルが配信しているネットラジオ)のYear Mixです。Nicky Romeroの代表曲や、Nervoの曲などてんこ盛りです。

Toulouse

Toulouse

  • ニッキー・ロメロ
  • Dance
  • ¥150
Legacy

Legacy

  • ニッキー・ロメロ & Krewella
  • Dance
  • ¥200

Alesso "2013 New Years Eve 2013 - Mini Mix"

BBC Radio 1の大晦日に行われた16分程度のAlessoによるMini Mixです。Alessoお得意の泣きメロRemixが多数あって泣けてきます。AlessoはOne RepblicやKeaneのリミックスで泣けるDJを展開するのでこれまた好きです。

If I Lose Myself (Alesso vs OneRepublic)

If I Lose Myself (Alesso vs OneRepublic)

  • OneRepublic & アレッソ
  • Pop
  • ¥250

EDM初心者に贈るアルバム5枚

先日id:shoichimasuharaの誕生日にEDMのおすすめアルバムをいくつか考えて、Zeddの"Clarity"をプレゼントしました。せっかくおすすめを考えたので、実際に贈ったもの以外も紹介してみようと思います。
EDMはアルバムが出ていないアーティストも多く「とりあえずどのアルバム聞いたらいいですか?」という質問には答えにくかったりするのですが、ここで紹介するアルバムに間違いはないので入門したい方は試聴してみるとよいかも知れません。

Zedd

言わずと知れたEDM界のエースですね。FMでもヘビーローテーションになったり、初音ミクとコラボしたり、日本でもプロモーション費用をかけられているのか、相当露出しています。Zeddのアルバムに関しては、Spectrumの初音ミクバージョンや、アコースティックバージョンが入っているので、日本語版がおすすめです。"Spectrum", "Clarity", "Fall Into The Sky"などなど捨て曲なしです。

クラリティ

クラリティ

Calvin Harris

クラブミュージック大国なのになぜかEDMアーティスト不毛の地UKで一人がんばっているCalvin Harris。Ellie GouldingやRihannaをボーカルに迎えた曲や、Nicky Romeroとのコラボなど、豪華なアルバムです。個人的には"I Need Your Love", "Bounce”, "We Found Love"あたりが好きです。全部好きですがw

18 Months

18 Months

Swedish House Mafia

先日のUMFでのラストライブで解散してしまったスウェーデン出身の3人組ハウスユニットのアルバム。"Greyhound", "Don't You Worry Child", "Save the World"など名作揃い。Greyhoundのサビ部分ではアガること間違いなし。解散が本当に悲しいですね。

Until Now

Until Now

David Guetta

フランスのEDMおじさん(笑) Nicki MinajやUsher、will.i.amなどのEDM以外のポップアーティストとのコラボが多数です。"Titanium", "She Wolf"などなど良曲ばかりです。”She Wolf”のテンポが変わる瞬間は、鳥肌モノです。

Nothing But the Beat 2.0: Repackaged

Nothing But the Beat 2.0: Repackaged

Electric Dance Madnessシリーズ

日本のEDMカルチャーを盛り上げているTomo HirataさんセレクトによるEDMコンピレーション。これまでにVol 3まで発売されています。まだアルバムが発売されていないアーティストの曲や、ポップアーティストのEDMリミックス、有名EDMアーティストの曲など、様々な曲が収録されています。Vol. 3ではHardwellやNERVOなどが収録されており、うれしいところです。特にHardwellは全然CD音源がないので貴重です。

EDM~エレクトロニック・ダンス・マッドネス3

EDM~エレクトロニック・ダンス・マッドネス3

最後に

まだアルバムが出てないけど、もしアルバムが出たら絶対買うべし!なアーティスト達も書いておきます。単に、最近僕が一番好きなアーティスト達でアルバムが出ていない人達という意味でもありますが(笑)。MadeonとPorter Robinsonはアルバム作成中だったはずです。Aviciiはキャリアが長いのになぜアルバムが出ていないのか謎ですね。Hardwell, Nicky Romeroも早くアルバム出してほしいなあ。

  • Madeon

The City

The City

  • Madeon
  • Dance
  • ¥1000

  • Avicii

True

True

  • アヴィーチー
  • House
  • ¥1500

  • Hardwell

  • Nicky Romero

I Could Be the One (Avicii vs Nicky Romero) [Remixes]

I Could Be the One (Avicii vs Nicky Romero) [Remixes]

  • アヴィーチー & ニッキー・ロメロ
  • Dance
  • ¥1050

  • Porter Robinson

Spitfire

Spitfire

  • Porter Robinson
  • Dance
  • ¥1200

  • Alesso

If I Lose Myself (Alesso vs OneRepublic) - Single

If I Lose Myself (Alesso vs OneRepublic) - Single

  • OneRepublic & アレッソ
  • Pop
  • ¥250

EDM(Electronic Dance Music)が素晴らしい

日本ではまだ本格ブレイクしてないのですが、世界的にめちゃくちゃ流行っているEDM(Electronic Dance Music)というジャンルの音楽がずっと好きで、最近はEDMばかり聞いています。ちなみに、EDMがどれくらい流行ってるかというと25万人以上が来場するフェスのチケットが1時間で売り切れる(!!)くらいだったり、レディ・ガガが次のアルバムにZeddやMadeonをプロデューサーとして迎えていたり、ヨーロッパだけでなくアメリカでもバカ流行りしていてマイアミやラスベガスなどでビッグイベントが開催されている、といった具合です。
というわけで、日本でもEDMがブレイクしてほしいという思いも込めて、EDM界でも特に若手を中心に独断と偏見で紹介したいと思います。既に大物になってしまっていたり、日本である程度流行っているSkrillex, Deadmau5, Calvin Harris, David Guetta, Swedish House Mafiaは紹介しません!David Guetta(特にShe Wolf)やSwedish House Mafia,Calvin Harrisもかなり好きですけど。

Zedd

Skrillex,Deadmau5の次代を担うEDM界のホープ。ドイツ出身の若干23歳のイケメンZedd君。SkrillexのレーベルOWSLAに所属していたのですが、最近世界的にビッグなレーベルInterscopeと契約してメジャー路線まっしぐらですね。メジャーなフェスにはほとんど参加しているし、サタデー・ナイト・ライブに出演したり、次世代EDMアーティストのエースと言えます。最近日本でも、ラジオのヘビーローテーションになったり、iTunesチャートでもシングル、アルバム両方で1位をとったり、ブレイクしています。もはや若手では人気・実力共にトップでしょうね。ちなみに後述する僕のイチオシアーティストmadeonとは大の仲良しです。
http://www.zedd.net/

Clarity

Clarity

Porter Robinson

若干ワルっぽいというかヤンキー顔をしている、アメリカ生まれ、若干20歳のプロデューサー。レーベルはOWSLA所属で、Zedd, madeonとも仲良しです。去年"Unison","Language"などでブレイクしました。最新曲(これまた若手Mat Zoとの共作)の"Easy"はPVはアニメなんですが、ネオ東京な雰囲気が出ていてスタイリッシュな感じです。夏のフジロック・フェスティバルに来日するらしいので要チェックですね。
http://porterrobinsonofficial.com/

Spitfire [Explicit]

Spitfire [Explicit]

Nicky Romero

24歳のオランダ人コンポーザー。サッカー選手の本田と、デスノートのリュークに似てますw。"Toulouse"という曲が去年スマッシュヒットしました。PVもガイ・フォークスのお面を使ったもので、変な感じです。また、Aviciiとコラボした新曲の"I could be the one"が超ブレイク中で、UKではシングルチャートNo.1を記録したそうです。
https://www.facebook.com/djnickyromero

Toulouse

Toulouse

  • ニッキー・ロメロ
  • Dance
  • ¥150
I Could Be the One

I Could Be the One

  • アヴィーチー & ニッキー・ロメロ
  • Dance
  • ¥250

Hardwell

こちらもオランダ出身 25歳のRobert Hardwell。ちょっとぽっちゃり体型だったりしますが、DJプレイ中はとても楽しそうで、かなり好きなアーティストの一人です。最新曲の”Apollo”も女性ボーカルを起用して、爽やかかつEDMっぽい仕上がりになっていてなかなか良いです。DJmagのトップ100DJでは4位とかなりの人気です。
http://www.djhardwell.com/

Revealed Volume4

Revealed Volume4

Apollo (feat. Amba Shepherd)

Apollo (feat. Amba Shepherd)

  • Hardwell
  • Dance
  • ¥200

Avicii

スウェーデン出身のDJ。まだ23歳なので、年齢的には若手なのですが、クラブミュージック界隈ではTim Bergという名前で結構前から楽曲をリリースしていてキャリア自体は長いです。マドンナとすでに仕事をしてたりして、同じ若手でもひとつ突き抜けたというか重鎮な感じですね。今度Springrooveで来日するのでとても楽しみです。
http://www.avicii.com/

True

True

Levels

Levels

  • アヴィーチー
  • Dance
  • ¥200

Otto Knows

Aviciiと同じく、スウェーデン出身の23歳です。まだまだ楽曲は少ないですが、TomorrowLandという世界最大級のEDMフェスのオフィシャルビデオにも採用された"Million Voices"はEDMアンセムの一つですね。
https://www.facebook.com/OttoKnows/

Million Voices

Million Voices

  • Otto Knows
  • Dance

Alesso

こちらもスウェーデン出身の21歳のDJ。KeaneのRemixや、"Clash"、"City of Dreams"などで一躍有名になりました。
https://www.facebook.com/AlessoOfficial

Years (feat. Matthew Koma)

Years (feat. Matthew Koma)

  • アレッソ
  • Dance
  • ¥250

madeon

18歳の天才かつ神童なトラックメイカー。Pop Cultureという色々な曲をLaunch Padを使ってミックスした動画で一躍有名になりました。正統派EDMからは少し違ったテイストですが、ちょっとレトロな曲調も含めものすごくクオリティの高い作品ばかりをつくっています。個人的には将来madeonが世界を制覇すると思っています。ちなみに、好きすぎてmadeonの情報を集めただけのファンブログも書いてますw。→ http://madeon.hateblo.jp
https://www.facebook.com/itsmadeon/

The City

The City

  • Madeon
  • Dance
  • ¥200

最後に

若手EDMの勢力図を(完全に偏見ですが)ざっくり言うと、Zedd,Porter Robinson,Nicky Romero,Hardwellの4天王がいて(もちろんZeddが最強)、madeonが四天王とは全く別で神童の位置取りで、Aviciiが四天王とは全然別の一匹狼キャラ、みたいな感じでしょうか?w
今回紹介した人たち以外にも、これからいろんな若手トラックメイカーが出現すると思うので、2013年のEDM業界も滅茶苦茶楽しみです。今年は日本でのEDMブレイク元年になると思いますし(希望も込めて)、これからも素敵なEDM楽曲をどんどん紹介していきたいと思います。

HipChatを半年以上使ってみた感想

ここ半年以上、社内の自分が関連しているチームでHipChatを使っているのですが、先ほどTwitterで@yaotti/id:yaottiに「使ってみた感じどうですかー?」と聞かれたので感想を書いてみます。
結論から言うと「チャットツールは一長一短で、使う場面やチームによってマッチするツールは変わるなぁ」というのが正直な感想なのですが、今のところHipChatを便利に使っていて、直近で別のツールに乗り換える予定はありません。
f:id:marqs:20130217190344p:plain

今回使用したシーン

  • メールでの情報共有が多すぎたので、グループチャットに切替え
  • 非開発者メイン
  • 拠点が2つ
  • 人数は10人弱
  • API連携は使用しない
  • ユーザーのITリテラシーは様々

HipChatのよいところ

  • 固定チャットルーム機能
    • ログインしたら全員が友達リストにいて、業務用のチャットルームが見えるのもGood
  • 検索が簡単(Webから検索できる)
  • ブラウザ内チャットではなく、デスクトップアプリがある
  • アカウントの中央管理ができる
    • 退社した人もチャットルームを見ることができる、とかいう事態にならない。
  • デコメ用絵文字が登録できてめっちゃ楽しい
    • 最近はいろんなおもしろ絵文字が飛び交ってます
  • Android,iPhoneアプリに必要十分な機能がある
    • 使う頻度はそんなに高くないのですが、普通に使えます。

HipChatの微妙なところ

  • 接続安定性
    • メッセージ送信失敗がSkypeよりは多い
    • 「数分接続しづらい」等は遭遇したことがありますが、一日中ダウンしてたことはないです。
  • デスクトップアプリを使ってる人がログインできなくなる謎現象がたまある
    • だいたいPC再起動で治る。
    • ログインできなくなった人の環境依存かもしれない(深追いしてない)
  • インタフェースが英語
  • クライアントアプリがAdobe Air
    • なんとなく使いづらい
    • Macに関しては最近ネイティブアプリが出てめちゃ快適になりました。Windowsも作るらしいです。
  • メンションが@でしかできない
    • キーワード設定などができない

他のツールを選択しなかった理由

  • IRC
    • ログ検索等できるようにするのに準備が必要
    • 非エンジニアが使うのにはちょっとしんどい
  • Google Apps
    • 固定チャットルーム機能がないので(チーム内の情報共有も兼ねて使うには)辛い
  • Skype
  • チャットワーク
    • デスクトップアプリがない

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0700O_X00C13A1000000/
を読んで

何をやるにしても、クリエーティブであろうとしたら、自分の肩書や専門にこだわってはいけない。例えば、「自分はエンジニアだから技術だけ分かっていればいい。アートのコンセプトへの貢献は期待されていない」と思った時点であなたは終わっています。仕事というのは総合芸術なのです。ルネサンス的人間でなければ、ある次元より高いところへは行けない。エンジニアだって社会や文化に対する造詣は必要です。

確かに、エンジニアだって社会や文化に対する造詣は必要だなと思う。

私は200年後を考えて戦略を立てることをお勧めします。2200年の社会をイメージしてください。自分は既に死んでしまっていて、自分のことを覚えている子供たちも多分もういない。そういうはるか先の未来を考えながら仕事をしてください。時空を超えることで、単に忙しいだけの日々から逃れられます。

時空を超えた仕事か。分かるようであんまりわからない。

時間とエネルギーが惜しいから、睡眠時間と食事の時間をぎりぎりまで削り、努力している。「人の2倍働いて、3倍の成果を出す」も私のモットーの1つです。

人の0.5倍働いて人並みの成果を出すっていうモットーもありだよね。ご飯の時間はあんまり削りたくないかな。

 自分が死んでしまった後も残るようなアイデアやコンセプトを生み出したい。ライフスパンを超えた概念をたくさん出せたらいいなと思っています。

自分が死んでしまった後は何も残らなくても、生きてる時に常に幸せだと思える人生を送る、という生き方もあるなあ。

過労死しろとか、家庭をないがしろにしろと言っているのではないですよ。ただ、バランスを優先するとジャンプしにくくなる。バランス自体がある種、ボトルネックになる側面もあります。

確かに、バランスがボトルネックというのは、感じることがある。

感性が豊かで知的吸収力が最も高い時に異文化に飛び込んで、知的な刺激を自分に与え、新しい環境に適応する力を鍛えてください。

「進化論」のチャールズ・ダーウィンはこう言っています。「最も強い種族が生き残るわけではない。最も知能が高い種族が生き残るわけでもない。変化に対応できる種族が生き残るのだ」と。適応力こそがこれからの時代を生きていくために一番大事な力です。

仕事だともっと強くとか、もっとかしこくなりたい、と思うことが時節あるけれど、もっと適応したい、と思うのもありか。

ワークライフバランスを重視したいか、走り続けたいかなんて、考えてもわからないことなので、その時その時に感じた、やりたいと思った方向性で生きていけばいいんだろうと思う。

アベンジャーズ

「日本よ、これが映画だ」というなめた感じの宣伝コピーを使っているところが一番の欠点ですが、エンターテイメント映画として、とても面白かったです。ペッパー・ポッツも相変わらずかわいくてよかったです。ところで、最近敵キャラには金属生命体の怪物みたいなのを使うことが多いのでしょうか?トランスフォーマーにも使われていたし、ちょっと飽きてきた感があります。エンドロール終わってからのシーンも期待を裏切らない感じ。アベンジャーズ2、アイアンマン3、どちらも楽しみ。


1/9 アベンジャーズ アイアンマン Mk.VII (プラスチックモデル未塗装キット)

1/9 アベンジャーズ アイアンマン Mk.VII (プラスチックモデル未塗装キット)

ダークナイト・ライジング

敵キャラの狂気が「ダークナイト」に比べて足りなかった。ジョーカー役の、今はなきヒース・レジャーの演技がそれほどまでに素晴らしかった、ということかな。とはいえ、クリストファー・ノーランの作品としては相変わらず面白いし、音楽のハンス・ジマーも素晴らしかった。3Dの映像もめちゃくちゃきれいで3D IMAX劇場に見に行って正解でした。クリストファー・ノーランは街の映像(ビルとか道路とか)を死ぬほど美しく撮るなーといつも思います。好きなジョセフ・ゴードン=レヴィットもよい演技をしてたし。一応完結編ということになっているけれど、スピンアウト作品で続編などが気になるところ。

ダークナイト・ライジング オリジナル・サウンドトラック

ダークナイト・ライジング オリジナル・サウンドトラック

韓国人アーティストPSYのGANGNAM STYLE (강남스타일)がよくわからないけど素敵

Turntable.fmでよくプレイされていて、何の曲かなーと思ってたのですが、韓国人アーティストのPSYという人の曲らしいです。妙に耳につきます。嘉門達夫タモリを若くしたみたいな感じ。