読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャークチキン(もどき)を作ってみた

なおたけ(@)さんのブログ(Sotto Voce: Whereness and Whatness: Jerk Chicken)で紹介されていてとても美味しそうだったジャークチキンをつくってみました。なおたけさんの作られたものより、だいぶお手軽仕様になっています。一番の違いは、オーブンを使ったところでしょうか。また、ビジュアル的にも焦げ目がなかったり、あまりジャーク感(邪悪感?)がないものに仕上がりましたが、それはそれで美味しかったです。
次回やるとしたら、

  • やっぱり炭火でじっくり焦げ目をつけつつ焼いてみる(これだけでかなり変わりそう)
  • ハバネロもうちょっと入れる(辛すぎるとよくないのでハバネロ一個にしたけど、辛さがユルかった)
  • 骨付き肉でやってみる

を実践してみたいと思います。
あと、やっぱり本場のジャークチキンを食べてみないとですね。どこか美味しいお店ないかなぁ。

ハバネロをカット

今回はこちらで買わせていただきました。即日配送で便利でした。
→ 激辛 ハバネロ ハラペーニョ や調味料・スパイス とうがらし販売の「ペッパーフレンズ」
f:id:marqs:20100815103412j:image:w400

ジャークソースをつくる

基本的になおたけさんのレシピ通りにしました。レシピに載っていたのの半分の量でやってみました。ネギが予想より大分多く必要です。
f:id:marqs:20100815104527j:image:w400

鶏肉をつけこむ

骨付きモモ肉はなかったので、骨なしの普通のモモ肉です。実は、なおたけさんのブログにはスパイスの分量は書いてあったのですが、肉の量が書いていなかった!!!ので適当です。実際のところは、モモ肉4枚を使いました。
f:id:marqs:20100815110741j:image:w400

オーブンで焼く

写真はないのですが、ここが一番なおたけさんのレシピと違う点です。炭火を用意する時間がなかったので、ヘルシオで焼きました。20分くらいかな。

完成

タンドリーチキンの別スパイスバージョンみたいな味でした。美味しかった!
f:id:marqs:20100815194429j:image:w400
f:id:marqs:20100815200035j:image:w400